感動の「静なる夜」を始めよう。 いぶきの実

夜の騒音の原因である空気の渋滞。それにサポート成分がコエンザイムです。 いぶきの実は、その中でも吸収力が高い還元型コエンザイムを配合。 リラックスハーブも配合し、夜の騒音を徹底ケアします。

こんなあなたにオススメ!
  • 自分の騒音に悩んでいる
  • パートナーや家族の騒音に悩んでいる
  • 騒音ケアグッズでは満足出来ない
毎月お届けコース 980円
※2回目以降、1ヶ月毎1袋の定期コースです。2回目から29%OFFの4,980円になります。一世帯1回限りとさせていただきます。ご了承ください。

通常コース 6,980円
定期便ではありません。

通常コース 6,980円

クリックタップで拡大できます

商品について
Q. いぶきの実とはどんな商品?
A. 主に、夜のガーガー・ギリギリなど夜の騒音トラブルにお悩みの方に、オススメのサプリメントです。 特に旦那様の騒音に悩まされている方に、人気の商品となっております。
Q. いぶきの実の主成分は?
A. 空気の通り道を広げる還元型コエンザイムQ10に加え、イライラに働きかけるギャバ・ラフマエキスを配合しています。
Q. 普通のコエンザイムとの違いは?
A. 空気の通り道を広げる唯一の成分として知られているのが、コエンザイムQ10です。 いぶきの実には、還元型コエンザイムQ10という特殊な成分を使用しています。 従来のコエンザイムは酸化型コエンザイムと言われ、カラダの中にとりこまれて、還元型に変換する作業が行われます。その作業の工程で無駄なコエンザイムが排出され、吸収率が減少してしまいます。 還元型は変換する必要がないため、無駄がなくダイレクトにカラダの中に取り込めるので、従来のコエンザイムに比べて、実感力が違うのです。
Q. どんな形?
A. 形状に関しては、ソフトカプセルとなります。
Q. 1袋何粒入り?1日どれくらい飲めばいいの?
A. 1袋につき60粒入っております。1日2粒目安です。
Q. 保存方法は?
A. 直射日光、高温多湿を避けて、常温で保存下さい。また開封後は必ず閉じて保存するようにして下さい。
Q. 副作用ってあるの?
A. 薬ではございませんので副作用の心配はございません。
Q. 賞味期限はいつまで?
A. 商品裏面に記載しておりますのでご覧下さい。また、開封後は出来るだけ早くお召上がり下さい。
Q. どこの工場で作られていますか?
A. いぶきの実は、お客様が安心してご愛飲できる様に、GMP(Good Manufacturing Practice)認定の品質管理を徹底している静岡の工場で製造されています。ご安心してご利用下さい。
Q. 返金保証はありますか?
A. 返品保証は、商品到着後10日間となっております。※初回のお届け且つ、お体に合わない場合のみ適応となります。
飲み方について
Q. 一日どのくらい飲めば良いですか?
A. 1日2粒が目安となっております。より実感を得たい方は、4粒を推奨しております。 用法用量はありませんので、ご自分のペースで続けられて下さい。
Q. いつ飲むのが良いですか?
A. お薬ではありませんので、特に決まりはございません。 ご自身のライフスタイルに合わせてお飲み ください。 お客様からは、「夜寝る前に飲むと調子が良い」というお声を多く頂いております。ぜひ 参考にしてみてください。
Q. 毎日飲んだ方が良いの?
A. いぶきの実は「静なる夜」を育むことを目標としています。 そのため、愛飲者の大半の方が、毎日飲まれています。
Q. どれくらいで実感できますか?
A. 体の細胞が入れ替わるには3ヶ月ほどかかるため、最低3ヶ月ほど使用していただくようにお願いしております。 体の状態は人それぞれですので、一つの目安として考えていただければと思います。
Q. 飲まれている方はどんなお声がありますか?
A. お試し頂いた方からは「朝起きたらスッキリ」「自分のガーガー音で起きることがなくなった」「夫と寝室をともにできるようになった」「お泊りに行く時も気にならなくなった」というお声をたくさん頂いております。
こんな場合は?
Q. アレルギー体質ですが飲んでも大丈夫?
A. アレルギーをお持ちの方は原材料をよくご確認下さい。
Q. 薬との飲み合わせは?
A. いぶきの実は自然由来のサプリメントですので、併用されても問題はありません。どうしてもご心配の場合は、かかりつけのお医者様にご相談ください。
Q. 高齢ですが、飲んでも大丈夫?
A. いぶきの実は健康食品ですのでご高齢の方にも安心してお飲み頂けます。どうしても心配な方は、担当の医師にご確認下さい。
Q. 妊娠中・授乳中にのんでも大丈夫?
A. 妊娠中や妊娠直後の女性のカラダはとてもデリケートな状態です。ご使用に際して、フロムココロでは推奨いたしておりません。気になる方は、担当の医師にご確認下さい。