デリケートゾーンのかゆみやニオイを解決!専用ソープの選び方&おすすめ7選

デリケートゾーンのかゆみ対策にはソープ選びが重要です。そこでこの記事では、おすすめのソープと正しい洗い方、石鹸以外のケア方法をご紹介。弱酸性や低刺激のソープで優しく洗浄し、保湿ケアも取り入れてデリケートゾーンを健康に保ちましょう。

デリケートゾーン専用ソープ

2024年03月25日更新

ニオイ/体臭対策

Felice編集部

  • fb
  • line

記事の目次

この記事はアフィリエイトプログラムに参加しています。

デリケートゾーンの気になるかゆみやニオイ……原因は何?

デリケートゾーンは専用ソープでケアしよう!

デリケートゾーンには、正常な状態であれば常在菌が存在します。健康であれば、悪さをする菌とのバランスがとれた状態をキープできているはず。
しかしこのバランスが崩れると、ニオイやかゆみに悩まされることに。
悪い菌が増殖することでバランスが崩れてしまい、ニオイやかゆみの原因になってしまいます。

また、生理用品やストッキングなどにより、デリケートゾーンは蒸れやすくなっています。蒸れた状態も悪い菌を増やしてしまう原因のひとつです。

ここで、もっと詳しく、かゆみやニオイの原因を見ていきましょう。

原因①刺激の強いソープの使用

かゆみやニオイの原因でまず考えられるのが、刺激の強いソープを使っていることです。

デリケートゾーンは皮膚が薄く繊細なパーツ。通常のボディーソープでは洗浄成分が強く、肌へストレスを与えてしまいます。
洗浄力の強いソープを使うことで、汚れだけでなく必要なうるおいまで洗い流されてしまうことも。 その結果、かゆみやニオイへと繋がってしまうのです。

原因②乾燥

デリケートゾーンを強く擦って洗ったり、洗浄成分が強いソープで洗うと、必要なうるおいが流され、乾燥します。

ムレやすいイメージで乾燥と無縁に思えるデリケートゾーンですが、実は皮膚が薄く乾燥しやすいのです。
40代を過ぎると女性ホルモンの減少により、特に乾燥しやすい状態になっていきます。

原因③かぶれや感染症

かぶれとは、外部刺激により炎症を起こした状態のことをいいます。

ナプキンやおりものシートでかぶれてかゆくなったという経験をしたことのある女性は多いのではないでしょうか?
デリケートゾーンは下着で常に覆われているので、汗やおりのも、経血などでムレやすい部分
蒸れることにより、ふやけて刺激を受けやすい状態になり、かぶれて、かゆみやニオイが発生するのです。

また、かゆみやニオイの原因として、感染症の可能性もあげられます。
かゆみが強かったり、痛みを感じる、おりものに異常がみられる場合には、我慢や自己判断はせずに、早めに病院を受診しましょう。

原因④ホルモンバランスの変化

デリケートゾーンの状態はホルモンバランスも大きく関わっています。
女性ホルモンの「エストロゲン」は、コラーゲンの産生を助ける働きがあり肌のうるおいやハリに重要です。

このエストロゲンは、20代後半〜30代前半にもっとも多く分泌され、40歳前後から減少していきます。
エストロゲンの減少によって、デリケートゾーンも乾燥しやすい状態になって、かゆみやニオイを引き起こすのです。

デリケートゾーン専用ソープって必要?

デリケートゾーンは専用ソープでケアしよう!

デリケートゾーン専用ソープがあることをご存知でしょうか?

普段顔や身体を洗う際に使う石鹸やボディーソープなどは、洗浄力を発揮させるため「アルカリ性」のものが多くあります。
デリケートゾーンは顔や手などに比べて酸性に傾いていますので、アルカリ性の石鹸やボディーソープでの洗浄ではしみてしまうことがあります。

デリケートゾーン専用ソープは「弱酸性」のものがほとんどなので、安心してデリケートゾーンを洗うことが出来ます。
また、アルカリ性の石鹸やボディーソープでデリケートゾーンを洗ってしまうと、本来肌に必要な常在菌まで落としてしまい、気になるニオイの悪化や肌への負担が強くなることから黒ずみの悪化などにも繋がります。

デリケートゾーンを清潔に保つためにも専用ソープを!

デリケートゾーンのかゆみやニオイなどのトラブルは出来るだけ避けたいものです。トラブルを起こさないためにも、デリケートゾーンを清潔な状態に保つことが大切になります。

そのためには、常在菌と悪い菌とのバランスのとれた状態をキープ出来るように、弱酸性のデリケートゾーン専用ソープでのケアがおすすめです。

かゆみやニオイを効果的に予防!デリケートゾーン専用ソープの選び方

デリケートゾーン

デリケートゾーン専用ソープと一言で言ってもたくさんの種類があり、どれを選んだら良いか悩んでしまいますよね。ここではデリケートゾーン専用ソープの選び方をご紹介しますので、参考にしてみて下さい。

悩みに合わせて選ぶ

デリケートゾーン専用ソープは、配合されている成分によって、アプローチできる悩みが異なります。 保湿成分多く含まれたものや、くすみや黒ずみにアプローチするような美容成分が配合されている商品が数多くあります。

自分が何をメインでケアしたいかで選ぶのもいいでしょう。
ここでデリケートゾーン専用ソープによく配合される成分をご紹介します。

・ジャムウ

ジャムウはインドネシアで生まれた独自のハーブのブレンド。

配合されているハーブによって殺菌や制汗、肌荒れ、黒ずみ対策効果があると言われています。

・ミョウバン

消臭や殺菌効果などがあるとされています。

・アロエ

抗炎症効果や保湿効果があるとされています。

・パパイヤ

色素沈着を抑えたり、不要な角質を取り除く働きがあるとされています。

弱酸性のソープを選ぶ

デリケートゾーンの肌は、pH値3.8~4.5の弱酸性です。
そのため、一般的な石鹸やボディソープで洗ってしまうと洗浄力が強くかゆみやニオイのトラブルに。

デリケートゾーンは弱酸性のソープで洗いましょう。
デリケートゾーン専用で販売している商品は、ほとんどのものが弱酸性です。

固形石鹸やジェルソープ、ポンプ式で泡で出てくるタイプなど種類も豊富にありますよ。

低刺激のソープを選ぶ

デリケートゾーン専用のソープは優しい使い心地のものが多いですが、配合成分はそれぞれ違います。

自然由来100%で作られたものもあれば、合成香料などの添加物が入っているものも。
また洗浄成分も商品によって違います。

かゆみやニオイが気になる場合や敏感肌の方は、無添加処方のものや、低刺激のものを選びましょう。

保湿成分配合のソープを選ぶ

デリケートゾーン専用のソープは汚れを洗うだけではなく、配合されている成分でアプローチする悩みも変わります。

上記でもお伝えした通り、乾燥のケアがかゆみやニオイをケアする上でとても重要になります。
保湿成分が配合されているものを選びましょう。

デリケートゾーン専用ソープによく配合される成分を一部ご紹介します。

  • セラミド

セラミドは、角質層に存在するうるおい成分でとても高い保湿力をもっています。

  • ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は、1gで6リットルもの水分を保つ力があります。肌の乾燥予防にとても効果的です。

  • コラーゲン

コラーゲンは、肌の弾力に欠かせない成分です。肌のキメ細かく形成する大切な役割をもっています。

人気のデリケートゾーン専用ソープおすすめ7選

シークレットレディジャムウソープ


ニオイケア黒ずみ解消ムダ毛ケア引き締めフェロモンの効果があるとされるオールインワンデリケートゾーン専用ソープが「シークレットレディジャムウソープ」です。

一つのソープでこんなにも効果が期待できて、全身に使えるのは嬉しいですよね。しっかり泡立たら気になる箇所に泡を置いて3分間の泡パック、あとは洗い流すだけなので簡単にケアすることが出来ます。

実際に編集部が使ってみた体験記事があるので詳細が気になる方はこちらもチェックしてみてください!

ラフドット インティメイトウォッシュ

ラフドット インティメイトウォッシュ3種

ラフドットのインティメイトウォッシュは、膣のなかの常在菌「フローラ」に注目しています。

清潔で透明感のあるデリケートゾーンに導くために、この「フローラにアプローチする成分を配合。
その他にも肌にキメを整える「CICA」成分や、保湿成分である「バイオエコリア」など厳選した成分を配合しています。

プッシュ式でふわふわの泡が出てくるタイプなので、泡立てる手間もなし。

・ニオイが気になっている
・くすみをどうにかしたい
・乾燥している

こんな悩みを抱えている方にオススメです◎

香りも3種類(スイートブーケ・リラックスバーベナ・無香料)あって選べるもの嬉しいですよ!

最初からきめ細かいふわふわな泡が出てくるから泡立てる必要がなくてお手軽です。 デリケートゾーン専用のソープだけあって弱酸性の泡で優しく洗うことができるから、 乾燥肌の敏感肌ですが刺激はほとんどなく使い心地はなかなか良好です。
匂いもフローラル系の優しい香りであまりキツくないから使いやすいと思いました。

出典:Amazon

LC’s ジャムウ ハーバルソープ

LC’s ジャムウ ハーバルソープはジャムウを主成分とし、黒ずみニオイに効果があるとされています。こちらも3分間の泡パックでケアすることが出来ます。

全身にも使えるので、ワキや乳首、ビキニラインなど気になる箇所のケアも可能です。無香料なので、香料が苦手な方などにおすすめです。

彼氏に匂いホントにしないよねって言われました。私は生まれつきスそワキガですがこれをして臭いは軽減されました。
それでも気になる時は、匂いを抑えるクリームを愛用してます。
痒みもさほど無く使って損は無いと思います。

出典:Amazon

ワフィト インティメイト フォーミングウォッシュ

ワフィトは、スキンケアやヘアケア、ボディケア、デリケートゾーンケアを展開するブランド。
フィトテラピーとバイオテクノロジーを融合させた「植物バイオメソドロジー」でアプローチするトータルライフケアブランドです。

インティメイト フォーミングウォッシュは、ワンプッシュで弾力のある濃密泡が作れて摩擦からデリケートソーンを守ります。

デリケートゾーンのくすみにアプローチするアーチチョーク葉エキスや、デリケートゾーンの肌環境を整えるこだわりの5つ植物成分「桑」「菊」「ゴツコラ」「ヨモギ」「スギナ」を配合。

細部の汚れやニオイの元をきれいしながら、うるおいを与えます。

デリケートゾーン用のソープを購入するのは初めてだったので、各社製品を比較しこの商品を選択しました。買って良かった。。。優しい洗浄力で安心して使えました。
そして、これはかなり個人的な感想なのですが、
以前受けた婦人科の開腹手術跡がかなり大きなミミズ腫れ状に残っているのですが、
手術から5年経過していたので諦めていました。
ところがこのソープで毎日優しく丁寧に洗浄していたらが少しずつ傷跡が薄くなり、腫れも小さくなってきました。たまたまなのかも。。でも嬉しかった。
少し高価ではありますが、今後も長く使用していきたいです。

出典:Amazon

タントリュクス ソープ

ノーブランド品 タントリュクスソープ Tant RUX SOAP 200ml

ノーブランド品 タントリュクスソープ Tant RUX SOAP 200ml

5,480円(06/25 01:10時点)
Amazonの情報を掲載しています

タントリュクス ソープはエステサロンでも取り扱われているデリケートゾーン専用のソープ。

赤ちゃんでも使えるほど低刺激なので、肌が敏感になる生理前後などでも使いやすくなってます。
洗浄と保湿を叶える成分「ジラウロイルグルタミン酸リシンNa」配合で、擦らずになでるように洗うだけでOK◎

ニオイやくすみが気になるところには、泡パックをしてスペシャルケアもできます。

デリケートゾーンのお手入れってどうなの…と悩んでましたが、一緒に同じブランドのオイルも使い始めて、デリケートゾーンのモヤモヤした悩みが消え去りました 悩んでいる方は、まずこちらから。よかったと思えばオイルも一緒に使ってみてください

出典:Amazon

サマーズイブ フェミニンウォッシュ

サマーズイブ フェミニンウォッシュは薬局でも気軽に購入することができるデリケートゾーン専用ソープです。
肌に合わせた弱酸性で、ベビーソープなどにもよく使われる植物性の界面活性剤で優しくあらえます。

種類が3つあり、ニオイ・ムレが気になる人は「デイリーバランス」、黒ずみやくすみにアプローチする「シアービューティ」、敏感肌用の「シンプリーセンシティブ」から選べます。

自分の悩みに合わせて選べるのも嬉しいですね!

年齢とともにデリケートゾーンが気になりだしたので、数年前からこちらを使っています。
普通のボディソープでは香りで誤魔化された感じであまり効果がわからなかったのですが、こちらを使い始めてから全く匂わなくなったのでかなり気に入ってます。
普通のボディソープと成分やpH値などが違い、身体に優しい、デリケートゾーン用にぴったりの商品だと思います。

出典:Amazon

イビサソープ

イビサソープは、医薬部外品のデリケートゾーン専用ソープ。

ニオイの原因を殺菌する「イソプロピルメチルフェノール」と肌荒れやニキビを防ぐ「グリチルリチン酸ジカリウム」が配合されています。
この2つの有効成分がデリケートゾーンを清潔にケア。
その他にもうるおいを与える美容成分が豊富に配合されていて、しっとりなめらかな肌へと導きます。

5種のビタミンも配合されているので、よりクリアな肌の印象を手に入れたい方は使ってみてくださいね!

デリケートゾーンや脇の臭いが気になり、使用しています。まず商品自体がすごくいい匂いでびっくりしました!届いてから使用するまでの間部屋に置いておいたのですが、部屋中がいい匂いになりました1週間ほど使用してみましたが匂いが気にならなくなったような気がします。デザインもシンプルで可愛いですし、とてもおすすめです。

出典:Amazon

デリケートゾーンの正しい洗い方

デリケートゾーンは専用ソープでケアしよう!

デリケートゾーンは気になるからといってゴシゴシと力強く洗ってしまうと、肌がダメージを受けたり、必要な常在菌まで流してしまうことがあります。

デリケートゾーンは泡でパックするように洗う方が効果的とされています。デリケートゾーンの正しい洗い方は以下の通りです。

  1. 石鹸をしっかり泡立てる
  2. デリケートゾーン全体を泡で包み込み、3~5分程おく
  3. 弱めのシャワーでしっかり洗い流す

専用ソープによっては、その専用ソープによる洗い方がある場合がありますので、使用する専用ソープの使い方をしっかり確認しておきましょう。

また、膣の中には自浄作用のある成分があるので、この自浄作用のある成分を洗ってしまわないように、膣の内部まで石鹸で洗わないように気を付けましょう。

かゆみ&ニオイ対策にはソープ以外のアイテムも重要!

スキンケアアイテムを手に取る

デリケートゾーンのかゆみやニオイを防ぐには、ソープでの洗浄だけでなく、日々のケアも欠かせません。
特に重要なのは保湿ケア

デリケートゾーンは皮膚が薄く、刺激に弱いため、乾燥しやすい部位です。
乾燥は、かゆみやニオイの原因になります。
そこで、デリケートゾーンの保湿ケアを取り入れましょう。

敏感な肌の潤いを保ち、バリア機能を高められます。

デリケートゾーンの保湿は何を使う?

保湿ケアには、デリケートゾーン専用の保湿クリームやオイルがおすすめです。
これらのアイテムは、デリケートゾーンの pH バランスを乱さない弱酸性で、低刺激な処方になっています。

保湿成分として、ヒアルロン酸やセラミド、天然由来のオイルなどが配合されているものを選ぶと良いでしょう。
保湿クリームやオイルは、入浴後の清潔な肌に、優しくなじませるように塗布します。
マッサージをしながら塗ると血行が促進されて、効果的です。

意外と重要!下着選びのヒント

デリケートゾーンのかゆみやニオイを防ぐには、下着選びも重要なポイントです。
適切な下着を選ぶことで、蒸れやすい環境を改善し、快適に過ごすことができます。

下着選びのヒントとして、まず素材を重視しましょう。
綿100%の下着が最も肌に優しく、通気性に優れています。合成繊維やナイロンなどの素材は、湿気がこもりやすく、かゆみやニオイの原因になります。

次に、サイズ選びにも気を配りましょう。
きつすぎる下着は、摩擦によって肌を刺激し、かゆみを引き起こす可能性があります。

そしてデザインにも注目を。
レースや刺繍など、装飾の多い下着は、肌に触れる面積が増えるため、刺激になることがあります。

デリケートゾーンの悩みをケアしたいときは、シンプルなデザインの下着を着用しましょう。

かゆみが改善しない場合は医療機関へ相談を!

下着姿の女性

デリケートゾーンのかゆみは、ソープの選び方や洗い方を見直すことで改善することがあります。しかし、それでもかゆみが続く場合や、強い痛みを伴う場合は、医療機関へ相談しましょう。

石鹸だけでは解決できないデリケートゾーンのかゆみの原因には、カンジダなどの感染症アレルギー反応ホルモンバランスの乱れなどがあります。

これらの症状は、放置すると悪化する可能性があるため、早めの受診が大切です。

デリケートゾーンがかゆい場合は婦人科や産婦人科を受診しましょう。

医療機関で適切な治療を受ければ、かゆみを速やかに改善できます。

日常生活でのケア方法についても医師から詳しいアドバイスを受けられるため、再発防止にもつながります。

デリケートゾーンに関するよくある質問

石鹸

デリケートゾーンのかゆみの悩みは専用のアイテムで改善へ繋がるかもしれないことがわかりましたね。
ここでは、デリケートゾーン専用ソープに関する疑問についてお答えしていきます。
デリケートゾーンのケアについてよく知って、取り入れてくださいね!

デリケートゾーンソープは毎日使うべき?

デリケートゾーンを清潔に保つためには、毎日洗ったほうがいいでしょう。

ただし、デリケートゾーンは皮膚が薄く、繊細なためゴシゴシ洗う必要はありません。
ボディソープでは洗浄力が高すぎる場合があるため、デリケートゾーン専用のものを使い、洗い流す時はぬるま湯で流しましょう。

デリケートゾーンは一日何回洗えばいいですか?

1日の洗う頻度としては、1日1回で十分です。

洗い過ぎは必要なうるおいまで、なくなってしまうため乾燥のトラブルになることも。
気温や湿度が高い時期は、1日に何回も洗いたくなるかもしれませんが、洗い過ぎないように注意しましょう。

デリケートゾーンをケアしないとどうなる?

デリケートゾーンをケアしないと清潔に保てなくなり、乾燥が進んでしまいます

また、デリケートゾーンは凹凸があり、複雑な構造なので、汚れも溜まりやすいパーツです。 かゆみやニオイのトラブルになりやすい箇所でもあります。
もし、デリケートゾーンに不快感や悩みがある場合、正しいケアによって解消できるかもしれませんよ。

専用ソープでデリケートゾーンの悩みを軽減!

デリケートゾーンのニオイやかゆみ、黒ずみの対策には専用ソープでのケアがおすすめです。悩みに合わせて、悩みに効果のある成分が配合されている専用ソープでケアすることで、悩みを軽減できることがあります。

デリケートゾーン専用ソープでケアをして、デリケートゾーン特有の悩みをすっきりさせていきましょう。

  • 【毎月ちょっとずつ香水を試したい方へおすすめ】 香水の定期便『COLORIA(カラリア)』

    『気になる香水はあるけどテスター(試供品)がない…』、『香りをちょっとずつ楽しめたらいいのに…』と思ったことはありませんか?

    香水のサブスクリプション『COLORIA(カラリア)』なら、気になる香水を気軽に、お得な価格で試せます!

    取扱ブランドはYSLやディオール、クロエなど、人気香水約1,000種類。ボトルで買うと1万円以上する香水が、月々たったの2,390円~(税込・送料無料)で楽しめます♡

    ここから申し込みするだけで、初回500円オフの特典付き!

    使い切りサイズのアトマイザーで届くので使いやすさも◎。しかも、香水選びに悩んだときは、無料の香水診断で自分の好みに合った香水を見つけられます。

    会員数50万人超えの大人気サービス、ぜひ一度チェックしてみてくださいね♪

    \ここから申し込むだけ!初回500円OFF/
    憧れの香りも♪無料で香水診断をする

  • 関連するキーワード